アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
今週のフロイント
2018年3月3日のフロイントは、

◆シューマン / 交響曲 第1番「春」より第1,4楽章(指揮:Saさん)
♪ ベートーヴェン / 交響曲 第8番 より第1楽章(指揮:Suさん)
☆ グリーグ / 「ペールギュント」第1組曲(指揮:Suさん)
☆ビゼー / 「アルルの女」第2組曲(指揮:Suさん)
☆ドヴォルザーク / 交響曲第6番より第1楽章(指揮:Suさん)
♪・・・予告曲
◆・・・当日選曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他リクエスト曲
・シベリウス / カレリア組曲
・メンデルスゾーン / 交響曲 第3番 「スコットランド」
・ベルリオーズ / 幻想組曲より第1,2楽章

でした。

今週も木管が厚く、そこにTiとHr3本揃い、贅沢な一夜でした。

途中、ビゼーのソロよりドヴォ6の方が嫌なんて声も聞こえつつ、
素敵なソロでした。

度々の個人的感想は、
楽器を平素鳴らしていないとカスカス言うというか、
特に低弦は全くもって雑音しか発せられませんでした(-_-;)
やる気スイッチ何処に❗
Date: 2018/03/05(月)


2017年6月3日のフロイント
2017年6月3日のフロイントは

Saさんの指揮で,
 モーツァルト 交響曲第31番「パリ」
 ヘンデル 組曲「水上の音楽」
 ベートーヴェン 「献堂式」序曲
でした。

リクエストは、
 ヘンデル 組曲「水上の音楽」(14票)
 ベートーヴェン「献堂式」序曲 (6票)
 ベートーヴェン 交響曲第2番 (4票)
 ワーグナー ジークフリード牧歌 (6票)
 ウェーバー 「魔弾の射手」序曲 (4票)

でした。

今週は弦楽器がまんべんなく揃い,総勢17名でしたが,リクエスト
をしたところ,どういう訳か大多数が「水上の音楽」に票を入れる,
という結果で,驚きの声が上がっていました。

水上の音楽を演るのは久しぶりでしたが,バロックの響きがところ
どころ聞こえて良かったです。特に,ホルンの二重奏がとても素敵で,
終わってから拍手が挙がっていました。

次の「献堂式」は初めて弾きましたが,楽譜には「Consecration
of the house」と書いてあって,どうやら家の竣工お祝いの曲らし
き様子。一戸建てのマイホーム完成を喜ぶ家族を頭に浮かべながら
曲を弾いていました。

家に帰ってからネットで調べると,どうやら「献堂式」は家ではなく,
教会に新しいお堂が建った時に行うものだそうで,さらに,この曲は
それとも関係なく,新しく作られた劇場の「こけら落とし」の為に
書かれたとのこと。曲名としては「こけら落とし」の方が適切だと
書かれていました。実状と合わない題名もどうかと思いましたが,
「こけら落とし」という題名もそのままなネーミングで,どっちも
どっちだなと思いました。(曲自体は面白かったですが)
Date: 2017/06/04(日)


2017年4月8日のフロイント
2017年4月8日のフロイントは、

指揮者なしで
ハイドン 交響曲第101番「時計」
モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」
ベートーベン 交響曲第3番「英雄」第1楽章 
第4楽章(フーガの箇所から)

その他リクエストは
ベートーベン 交響曲第1番
       交響曲第2番
モーツァルト 交響曲第39番
       交響曲第31番「パリ」

細かい音符の多い曲が揃いました。
今日も色々やらかしました。
一人だけ、浮いてると、この作曲家って
ビオラにこんな役割持たせてたっけか?・・と不安が(笑)
拍子は合ってると思いつつも、ビビりながら弾いてます。

帰宅後、総譜みて、今日の答え合わせしている
毎回そんな感じです^^;
Date: 2017/04/22(土)


2017年1月7日のフロイント
Suさんの指揮で
ヨハンシュトラウス「こうもり」序曲(2回演奏)
          皇帝円舞曲
ニコライ 「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
オッフェンバック 「天国と地獄」 序曲
ヨハンシュトラウス 春の声
レハール 金と銀
スッペ 「詩人と農夫」序曲

その他リクエストは
ヨハンシュトラウス 美しき青きドナウ
          芸術家の生活
         「ジプシー男爵」序曲
でした。

第九からはや2週間。
皆さん、年末年始は如何お過ごしでしたでしょうか。

今回は、今年初めてのフロイントということもあって、
ニューイヤーコンサートらしい、華やかな曲が揃いましたね。
自分自身、今日は「ウィンザー」弾きたい気分やと思ってたら、
すでにホワイトボードに書かれてました。
思わず「さすが!」と思ってしまいました。

最初、全曲演奏するつもりで、楽譜を配布して、
投票の多いもん順に片っ端から演奏していったのですが、
時間切れで3曲残ってしまいました。
床が楽譜だらけで大変でした(笑) でも楽しかった〜

ちなみに写真見たら、ドナウと「金と銀」と同数でした。
あまりにも有名なドナウも良いですが、
「詩人と農夫」も良かったかなと。
Naiさん渾身のソロも聴けましたし。
あんな箇所があったんですね。

賑やかに終わった新年最初のフロイントでした。
Date: 2017/02/01(水)


2016年12月24日のフロイント
2016年12月24日のフロイントは
Suさんの指揮で,
 ベートーヴェン 交響曲第9番
でした。

2010年に始まって以来,すっかり恒例になった感のある,声楽付きの
第九ですが,今回は初めて区民センターを借りての催しとなりました。
器楽が45名,声楽が約25名,聴衆が約20名と,100名近い人が一同に
会していて,壮観と思ったのが第一印象でした。

第九というのは,頻繁に取り上げられる曲ではないため,あまり
弾き慣れてはいないと思いましたが,滅多にない大人数と,残響が
3秒くらいあるホールの効果もあいまって,最初の和音から本格的な
響きがして驚きでした。

合宿などで第九を弾く時は,いつも頭の中で声楽部分を歌いながら
弾いていたように思います。それが今回は,自分の外から歌声が
聞こえてきて,それも新鮮に感じました。

私が弾いていた席は,ちょうど聴衆の真正面だったのですが,
聴衆の方もずいぶん熱心に聴いて下さっていました。
第三楽章は,よく合唱どころか演奏者まで寝てしまうという噂も
聞きますが,皆さん最後までしっかり耳を傾けておられたのが,
良く見てとれました。

終演後「また演りたいね」という声がちらほら聞こえていて,
終わった後も高揚感の残る会だったと思います。
Date: 2017/01/29(日)


2016年12月17日のフロイント
Yoさんの指揮(第4楽章からSuさんにバトンタッチ)で
ベートーベン 交響曲第1番

Suさんの指揮で
ベートーベン 交響曲第9番(第3楽章)
シューマン 交響曲第4番
ハイドン 交響曲第99番(第1楽章)
(※コンマスはKiさん)

その他リクエストは
ドボルザーク 交響曲第6番
ドボルザーク 交響曲第7番
ドボルザーク 交響曲第9番
ブラームス 交響曲第2番
でした。

Suさんから指示がありました。
第九 第3楽章の練習記号Aの前(ファンファーレのとこです)
パッパッパッーの音型は、あっさり流すのではなく、
ためを作ってください。

※連絡事項
24日の件について
Saさんより(MLでも配信されてましたが)
‥日は17:30から使えます。
皆さん、譜面台をお忘れなく

Suさんより一言
「私が一番緊張する日でも有りますが、皆さんは
リラックスして「第九」を楽しんでください!」
Date: 2017/01/10(火)


2016年11月12日のフロイント
2016年11月12日のフロイントはYoさんの指揮で、

ベートーヴェン   交響曲第1番
ベートーヴェン   「エグモント」序曲
ロッシーニ     「セビリアの理髪師」序曲
メンデルスゾーン  交響曲第3番「スコットランド」から1、2、4楽章

でした。

リクエストは、

チャイコフスキー  交響曲第1番「冬の日の幻想」
ブラームス     交響曲第1、2、3、4番
シベリウス     交響曲第6番
シューベルト    「未完成」
ベートーヴェン   「エグモント」序曲
ロッシーニ     「セビリアの理髪師」序曲
モーツァルト    「魔笛」序曲
ヨハン・シュトラウス「こうもり」序曲
ドボルザーク    「チェコ組曲」
ドボルザーク    交響曲第6,7番
メンデルスゾーン  交響曲第3番「スコットランド」

でした。


急遽、Suさんがお休みとのことで、「べー1は?!(汗)」と一人焦っていたらSaさんが「mustでしょう。」と白板に。良かった。

本日のフロイント、どうしたことかチェロ陣がぞくぞくとJ入りされ、総勢5人。
ヴィオラも私を除いても2人。低弦が固める中、オーボエ、トランペット、と、久々にちょっと豪華なフロイント。

今回初めて座ったヴィオラ席。始まる前は結構緊張していたのですが、席に着いて、隣をチェロ陣が固めてくれたあの安心感はなんでしょう。

ヴィオラを担当すると、バイオリンの時には聞いてなかった音がイロイロと聴こえました。

スコットランドは、ヴィオリストならやっぱり弾いてみたい(?)かな、遊びで一人でさらってました(冒頭だけ)。ので実際にできて、ちょっと感動でした。

4楽章の低弦のフレーズ。「こんなことやってたんだ!」という驚きとチェロと響く迫力。テンション上がりまくり。

たまにバイオリンが苦戦している姿を見て、ちょっとホームシックにかかりながらも初ヴィオラ、堪能しました。

しかし脳はフル活動で、いつにも増してどっと疲れた今週のフロイントでした(+_+)
Date: 2016/11/14(月)


2016年10月29日のフロイント
Suさんの指揮で
ベートーベン 交響曲第1番
ハイドン 交響曲第100番「軍隊」
メンデルスゾーン 交響曲第1番(第3楽章除く)
(※コンマス 前半 Muさん 後半 Kuさん)

その他リクエストは
モーツァルト 「魔笛」 序曲
ウェーバー 「魔弾の射手」 序曲
モーツァルト 交響曲第38番「プラハ」
でした。

いつも通りというか、ビオラ以外は弦は各パート3人ずつ揃って始まったフロイントです。

先週休んだんですが、その時はビオラはいたそうで、自分が来ると誰もいないという、すれ違い状態。
不思議だ・・・。
バイオリン時代の、当たり前のように隣と話したり、後列で弾いていた頃が懐かしいと思うこの頃です。

後半のリクエストの時に、
「プラハ」で手を上げよか、上げまいか迷っていたら、後ろからKiさんに「上げて〜!」と言われて、びっくりしました(笑)
「軍隊」避けたかったみたいですが、「軍隊」になってしまいましたね…。

今ビオラなんで、自分的にはどの曲きても練習だと割り切っているんですが、それでもメンデルスゾーンは、一人の時は避けたいと思っていたら、リクエスト2曲目はメンデルスゾーンに・・・しかも珍しい1番。

1番のイメージは、何かに追い立てられてるような、せわしい印象があって、そのイメージだけで弾き始めたんですが、走る以前にすぐ落ちてしまい、 さすが?メンデルスゾーンと思ってしまいました。

いつもながらあっという間の2時間でした。
Kiさんもお疲れ様でした(^^)
Date: 2016/11/02(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
007546
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71